イケル、ウケル!ホームページづくり
イケル、ウケル!ホームページづくり
ホームページデザインはどれほど重要か
『商品買ってください』はダメダメ!
あなたのホームページは一方通行?
「新着情報」でゲット!
ノウハウを盗め!!
ホームページはダイヤモンド(1)
ホームページはダイヤモンド(2)
ホームページはダイヤモンド(3)
ホームページ作りにはどんなソフトがいいの?
ホームページの見え方が違うって?!
いろいろ色ある、どの色つかう?
ほっと一息、ネットサーフィン
ホームページへの愛着(1)
ホームページへの愛着(2)
画像のサイズってどうなの?
検索対策〜キーワード(1)〜
検索対策〜キーワード(2)〜
タイトルでキャッチ!
キラリと光るホームページを作れ!
思いやりのホームページでヒット
相互リンクで上位表示!
とにかく情報を発信せよ!
セキュリティページで安心、安心!
柔軟性をもってインターネットビジネスに取り組もう!

★セキュリティページで安心、安心!★
………………………………………………………………………………………

インターネットはだれでもホームページで手軽に情報を発信したり、だれでも必要な情報を入手したりするのに非常に便利なものです。しかし、注意しなければならない点もあります。「手軽に」「だれでも」という点です。誠実にインターネットを楽しんでいる人は大勢いますが、だれでも手軽にできるゆえに悪意をもってインターネットに介入してくる人も大勢いるのです。

特に問題となるのは、個人情報の漏洩です。狙われやすいのは大きな会社組織などです。「じゃ、個人は大丈夫じゃないの?」とおっしゃるかもしれませんが、決してそうではありません。知らないうちに個人情報を盗まれて、そこらじゅう個人情報をばらまかれたり、或いは見覚えのない多額の請求がきたりすることさえあるのです。インターネットにおけるセキュリティについては以前は、多くの人はあまり無関心でしたが、ヤフーなどの個人情報を漏洩などもあってか、最近では世間では少しずつセキュリティの大切さを認識してきたようです。

インターネットビジネスを行なう場合にもセキュリティは最重要なことです。なぜなら、多くの場合、商品やサービスの販売をホームページ上でおこなうからです。つまりお客様にホームページ上で、個人情報を入力してもらわなければならないわけです。

お客様が商品などを買う場合、以下のような経路となります。
    
1)必要な情報を検索エンジンで検索する。
    ↓
2)必要な情報の載っていそうなホームページを探す。
    ↓
3)関心を示したホームページを閲覧する。
    ↓
4)ホームページの注文フォームにて自分の住所、名前、電話番号などの自
分の情報を入力する。(或いは問い合わせる)
    ↓
5)送信(ご注文)ボタンをクリックする。

と言う具合に大体このような流れとなります。1)〜3)までは割とスムーズに行なったとしても4)5)までしてもらうにはお客様が安心できるようなホームページにすることが必要です。

そこでお客様が、安心して自分の情報を入力してもらえるシステムとして、SSL(暗号化)をホームページに設定するということが肝要と言えます。
SSLはお客様に個人情報を入力してもらう送信フォームなどのページに設定します。

よくURLが「https://」やブラウザのステータスバーに鍵のマークがついているページをご覧になったことがあるでしょう。あれが、SSLが設定されているページです。

SSLが施されていないページの場合は、悪意のある人には簡単に情報を盗まれてしまう可能性があります。しかし、SSLの場合は、情報は暗号化され、データの盗難や改ざんを防止することができるのです。

つまり、SSL機能は、個人情報の漏洩を防止し、お客様に安心していただくためにインターネットビジネスを成功させる上でなくてはならない重要な要素と言えるのです。

セキュリティについては奥が深く今日のインターネットという媒体において完全に絶対安心できるシステムがあるかというと決してそう言い切れるものではありません。なぜなら多額のセキュリティシステムを導入してある大企業からも情報が漏洩し、或いは政府主要機関でさえもハッキングされるのですから・・・。セキュリティとハッキングはいたちごっこと言えるでしょう。しかしながら、インターネットビジネスをしていく上で最低限のセキュリティを施しておくことは絶対に必要なのです。

このようにして、お客様に安心してもらえるホームページにすることによってインターネットビジネスをあなたの思い描いている目標に向かって前進していくように努力していってください。

--------------------------------
→ 柔軟性をもってインターネットビジネスに取り組もう!