イケル、ウケル!ホームページづくり
イケル、ウケル!ホームページづくり
ホームページデザインはどれほど重要か
『商品買ってください』はダメダメ!
あなたのホームページは一方通行?
「新着情報」でゲット!
ノウハウを盗め!!
ホームページはダイヤモンド(1)
ホームページはダイヤモンド(2)
ホームページはダイヤモンド(3)
ホームページ作りにはどんなソフトがいいの?
ホームページの見え方が違うって?!
いろいろ色ある、どの色つかう?
ほっと一息、ネットサーフィン
ホームページへの愛着(1)
ホームページへの愛着(2)
画像のサイズってどうなの?
検索対策〜キーワード(1)〜
検索対策〜キーワード(2)〜
タイトルでキャッチ!
キラリと光るホームページを作れ!
思いやりのホームページでヒット
相互リンクで上位表示!
とにかく情報を発信せよ!
セキュリティページで安心、安心!
柔軟性をもってインターネットビジネスに取り組もう!

★「新着情報」でゲット!★
………………………………………………………………………………………

わたしはある時、ネットで出来たばかりの新しいホームページに興味を持ちました。最初に見つけた時には、

「おおっ!こんなサイトがあったのか!こんなのを探していたんだよ。」

と言う感じで、ちょうど自分が興味のある分野で、情報も見るもの見るもの新鮮に感じて気が付くと毎日そのサイトにアクセスすることが日課になっていました。そしてなめるようにして隅から隅までそのホームページを堪能しました。そのサイトのおかげでとても満ち足りた毎日でした。

そのように初めはアクセスしにいくのが楽しかったのですが、だんだんつまらなくなってきました。
(えっ?そんなに入れ込んでいたのになぜかって)
わたしの性格が飽きっぽいということもあるのかもしれませんが、明らかにそのサイトが問題でした。
何が自分をそんな気持ちにさせたかというと実はホームページがほとんど更新されていなかったというのが原因でした。新着情報に乏しかったのです。

あなたもそのような経験はないでしょうか?きっと「ある、ある!」と同意されるでしょう。このことは自分のホームページを運営していく上でも考えさせられると思われませんか?

なぜかというと、自分が夢中になるほどのホームページでもそのホームページの運営の仕方によってはつまらなくなって、もう見に行かなくなってしまう、、、、ということは、、、、ちょっとだけ関心を示してあなたのホームページを見に来る人を引き止めておくことはもっと難しいということなのです。

せっかく自分のホームページに関心をもった人をひき止めておくためにはホームページを定期的に更新していかなければなりません。
でもある人は、

「ちゃんとまめに更新しているよ!でもアクセス数が上がらないんだ。なんでよ?」

と言われるかもしれません。それではここで質問ですが、
「あなたは自分が更新した部分がどこだかわかりますか?」

すると多分あなたはこう答えるでしょう。
「そんなのわかるに決まってるだろ。自分が更新したんだから。」

じゃ今度の質問は、
「あなたのホームページを見に来る人はどこが更新されているか明確にわかるようになっていますか?」

「へっ?」「・・・・」

ここで上のように反応された人はおられませんでしたか?もしそのように反応された人はそれが「アクセス数の上がらない」つまりは見に来る人を引き止めておかれない原因の一つかもしれないのです。

つまり、ホームページを見に来る人を引き続きキープするためには、ホームページの更新はあたりまえのこと、更新したことを知らせるために”新着情報”を載せることが大切であると言えるです。

そして新着情報はサイトを見に来る人が確実に目にするトップページなどの場所に載せるのがよいでしょう。

「新着情報を載せるといってもそんなに無いんだけど?」
「どんな新着情報をのせたらいいの?」

こんな質問はしないでくださいね。あなたがネットビジネスをやって行きたいと願って決意してこれから行なっていくわけですから、あなた自身のビジネスプランのなかでどのように展開していくのかよく自分の内で練り上げてホームページに反映していってください。インターネットビジネスはその瞬間に応じて常に新しいものをクリエイトして行こうとするそうした気持ちが大切なのです。

今の時代、人々はなにかと新しい情報を求めています。ついこの前まで流行していたものがすぐに時代遅れになってしまうのです。ネットの世界はなおさらです。いつも頭を柔軟にして今の時代、というよりこの瞬間に生かせるものに目を向けていきましょう。

是非あなたの踏み出したビジネスの”一歩”が、あなたの理想郷に向かっていけるよう頑張ってください。

--------------------------------
→ ノウハウを盗め!